『秋の猫メイド』・・・撮影報告

20171031hinako011-3-600WEB.jpg


2017.10.31 model*ひなこ

                  ﹆

 二週続いてやってきた台風の襲来のせいで雑木林へ向かう道には強風によって折れ落ちた枝が散乱していた。そんな荒れた道の上をひなこは洒落たチェック柄のキャリーバッグを引きながら僕の後ろをついて歩いている。二年ぶりに会ったひなこは、少しだけ女になっていた。といっても、その違いは眼を凝らさないとわからないぐらいなのだが。ひなこの、高めのテンションは以前のまま維持されていたから、会話はブランクなどまったく感じなかった。ただ、僕はこの二年で話すのが遅くなったことが、ひなこの喋りの早さについて行けないことでわかった。

 大きな樹の脇に着いた。ここは二年前、初めてひなこを撮った場所である。当時に比べると灌木は伐採されて見通しが良くなった感じがする。そのせいか、秋の日射しがたっぷり差込んできて、ひなこの茶髪がしなやかに映えていた。ひなこが引いてきたキャリーバッグを開くと、女の子が日常に使うものがぎっしり詰まっていて、まるで家出してきたみたいだった。その中で一番スペースを取っていたのがメイド服だった。黒ベースではなく黄銅色ベースの不思議なメイド服だった。パンツスタイルのひなこは奇跡的な手際でこの大げさな衣装にさっさと着替えてしまったのを見た僕の驚きは相当なものだった。そして、耳を着けた。なんでも猫の耳なのだそうだ。

 ひなこは、大木の根元に体育座りしたり、樹の周囲をぐるぐる歩き廻った。僕は時々呼び止めてひなこの体の中で最も魅力的な大きな乳房の谷間を撮った。僕の撮影が終わったあとも、ひなこは自撮りに夢中だった。僕は秋の空を見上げながら、何でこんなことしてるんだろう?と思ったのだった。そう思わせるのが、ひなこという娘なのだ。僕はたまにはこんなテンションの低い撮影も悪くないな、と思った。

                  ﹆



□この写真に興味がある人は拍手してください。



2017-10-31 : 31th個展に向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター