FC2ブログ

『ジャズ』

20190606harukaDSC05942-3-700WEB.jpeg


2019.6.6 model*悠(ハルカ)

                  ﹅

 ジャズという名前の小さいリンゴを見つけた。普通のリンゴの半分しかない。僕は少し迷ったけれど、一個だけ買うことにした。明日悠が着てくる青いチェック柄のかわいいワンピースとの相性を考えてのことだった。僕は悠に興味があった。その理由はメールの中に誠実な人柄を感じたのと、彼女がメガネを掛けていることなのだった。僕がメガネをか掛けている女の子が好きだとか、或いは興味があるというのではなく、メガネの子を見ると大抵はずして欲しいと思うのだ。映画を観ても、メガネを掛けた女性がメガネをはずすと突然魅力的な女に変身して、これまでその女に興味がなかった男が彼女の虜になったりする。僕にとって女の子にメガネをはずさせるということは彼女が日頃隠している裸の顔を見ることで、極端かもしれないけれどスカートの下を覗く行為に似ているのである。

 悠と駅で待ち合わせした。遠くから悠の姿を見つけたとき、少女体型だったことが僕をときめかせた。メガネをした大人びた顔しか見たことがなかったから驚きは大きかった。その瞬間、今日の目的をメガネをはずした悠を撮ることに決めた。

 川に着いた。僕はジャズ、つまり小さくロリィタなリンゴを悠に手渡し少女チックなワンピースの前ボタンを外し、白いブラに隠された左の乳房を見せるように言った。悠の乳首と乳輪はまるで少女のように薄いピンク色だった。その時、僕はメガネをはずした悠の顔を見たいという欲望にかられたのである。つまり、スカートの下を見たいという感じで。

 川面を渡って来る風に吹かれた悠は自由を得た人魚のように神秘性が加わって魅力的だった。

                  ﹅



□この作品は次回34th個展『果実の季節』で発表します。(ただし別カットの可能性あり)
□この作品を気に入った方は拍手をお願いします。。
※次回個展『果実の季節』で展示する作品を一緒につくってくれる女性を探しています。。http://www.bekkoame.ne.jp/~k-ogaeri/modelboshu.html
2019-06-06 : 34th個展に向けて : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

おがえりさんの文章、写真から彼女の可愛さの中にある信念の様なものを感じました。
ブルーのワンピースと相反する林檎の色が本当に彼女に似合っていて、そのセレクトをしているおがえりさんも凄いなと思いました。
個性が前面に出ていますね。
2019-06-06 20:21 : URL : 編集
匿名さんへ
コメントありがとうございます。悠さんは素晴らしい女の子でした。
2019-06-06 20:53 : 魚返一真 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター