FC2ブログ

『夏の蜃気楼』

20190801TOMOKADSC02843-2-2-700WEB.jpeg


2019.8.1 model*TOMOKA

                  ﹅

 どうして真夏に緑の中で女の子の写真を撮るのですか。こんなに暑い日に屋外で女の子の写真を撮ることの意味を教えてくれますか。それなら、夏休みに誰もいない校庭にひとりで立ったときのことを思い出してみてください。流れ落ちる汗をぬぐいながら初恋という文字が浮かんだはずです。男の子は異性より先にセンチメンタルな夏に恋をするものなのです。

 夏を撮るなら文学の香りがするTOMOKAがいい。彼女には前回と同じ服を着てもらいました。そして僕の魂が写り込んだあの本でうぶで美しい乳房を隠すのです。ああ、やっぱり夏はこの子でなくてはならないのです。TOMOKAは僕の心の中に棲む夏の蜃気楼なのです。

「こんにちは。さよなら。またいつか」
「・・・」

                  ﹅


□この作品の公開時期は未定。次回34th個展『果実の季節』でファイルに入れてご覧いただけるかもしれません。ただし別カット。
□この作品を気に入った方は拍手をお願いします。。




2019-08-01 : 35th個展に向けて : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター