『たま子』さてどれを選ぶ・・・NO.3(魚返一真の結論)

僕が選んだカットは(3)です。落ち着いた雰囲気とたま子ちゃんの静かな人柄が完全にマッチしてレトロな作品に仕上がっています。その他の理由は、作品の文章をご参照ください。(3)を選んだ方がお二人。いずれも女性。


□以下、選ばなかった理由を書きたいと思います。
(1)これは写真塾一番最初のカットで、シャッターを押した時、とても納得が行く感触がありました。構えのないたま子ちゃんを撮れたことが原因です。これを残すべきだろうという思いから、以後撮るのが少し嫌になりました。しかし、これを作品と言い切るのは難しい気がしました。

(2)案の定、次に撮ったカットは小ジャレてしまっていました。とても可愛らしいけれど、僅かにウソが入り込んだ気がしたのです。

(3)----------------

(4)傘についた雨粒を撮ろうと言いました。たま子ちゃんの眼が何かを訴えているようで印象深い作品です。しかし、まったくたま子ちゃんらしさがありません。

(5)とても良くポーズされている秀作だと思います。それが欠点だと思います。僕らしくないと言うか、、、
コメントの、、「僕が撮っていたら、左手も添えてもらって撮ったかも・・・」について。こういうあら探しをしてはダメです。他人の撮った写真に対する愛情がありませんね。僕に対してはまだ良いけれど、他のカメラマンが撮った写真に対して、言うべきではありません。きっと気を悪くしますよ。それとも、「そういう細かい指示をついつい出してしまい、不自然な写真にしてしまうことがあります」ということでしょうか?
魚返一真写真塾は個々の作風を尊重して運営しております。どうぞ安心してご参加ください。

□次回第四弾、お楽しみに。
2011-08-30 : 写真塾 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター