『リン子』昭和ガール/さてどれを選ぶ?・・・NO.4

リン子と僕は狙いどおりの作品を撮ることができた。昭和の夏の匂いが良く出ていると思う。しかし、困った。甲乙付け難い写真が2枚ある。僕が描いたストーリーにほぼ近いのは(1)のカットで文句の付けようがない。それに対して(2)の方は、自然体で立ち微笑みながら胸を見せるリン子の何と昭和っぽいことだろう。いずれの作品も『昭和ガール』というタイトルにぴったり。さて、あなたならどちらをギャラリーの壁に飾りますか。皆さんのご意見をお聞かせください。

(1)↓


(2)↓

上2枚とも=2011.8.30 model*リン子

□どちらか一枚を今月開催する個展に展示します。あなたならどちらを選ぶかコメントしてください。多くの皆さんの投稿をお待ちしています。
※今回は僕と同じものを選んだ方に展示作品(ポストカードサイズ・サイン入り)を24th個展会場にてプレゼントいたします。会場にてハンドル名を言ってくださればお渡しできるように準備しておきます。

24st個展DM裏-写真面
■個展まであと20日
2011-09-07 : 昭和ガール : コメント : 15 :
コメントの投稿
非公開コメント

一枚目が最高です!!
しっとり+艶やかな表情。
さらに夏の暑さと水の冷たさ、さわやかなエロさ。
あと、少し秋の気配を感じました。
素晴らしいです!


2011-09-07 21:02 : norio URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-07 21:09 : : 編集
(1)を推します
(2)は昔の魚返作品を彷彿させ、これぞ魚返の真骨頂!という印象です。しかし、最近の魚返作品の流れを見ると、失礼ながら、(2)さえもグラビア或いはニコパチ写真に見えてしまう。現在の私なら、鬼気迫る(1)を推します。
2011-09-07 21:24 : MK URL : 編集
魚返さんとの撮影、スリリングでとっても楽しかったです。

まばたきいっぱいしちゃってすみません。(1)のしっとり感が好きです。
太っちゃってすごくいやだったけどその分グラマーになれたしいいかな、って思えました。笑
2011-09-07 21:46 : リン子 URL : 編集
あれれ・・・
みなさんと違ってしまった。
(1)は秀作だけど。
魚返さんらしくない。
魚返さんの個展で発表するんだから、
魚返さんらしさと流れが大切だと。
>最近の魚返作品の流れ・・・??
いつの間に流れが変わったのか・・・

僕が選ぶんだったら、(2)です。
僕の考えだから、これでいいです。
2011-09-07 23:30 : 堀内 URL : 編集
こんにちは
初めてコメントします

1枚目はモデルさんがステキで
2枚目は団扇を持ったモデルさんと空間がステキです

昭和ガールで選ぶなら
2番を自分は選びます
2011-09-08 11:33 : あらかき URL : 編集
1番で
私は1番を選びます。

個展で実際に目にしたら、きっとこの作品の前をウロウロしちゃうでしょう。

お顔から下方向へ、、、そしてまたお顔へと自然に視線が導かれる感じが好きです。
2011-09-08 20:17 : たね URL : 編集
「昭和ガール」として選ぶなら(2)だと思いました。
ついこの間撮影したのに、もう既に古くさくて懐かしい。
つまりそれって、もうこれ以上古ぼけて行かないのよね。
言い換えればいつまでも新鮮って事です。

でも、(1)を選びます。
歌でも絵でも写真でも、どこか違和感がある作品が好きです。
(2)も違和感あるけど、(1)の方がもっとある。

だから(1)!
2011-09-08 22:39 : EU URL : 編集
#2
先生の個展に展示されるのは (2)番だと思います。

2011-09-09 18:25 : ますだ URL : 編集
(2)です。

両方素敵なので両方選びたいところです。
ただ2枚目にただならぬ何かを感じます。ゾクっときました。この表情たまりません!
2011-09-09 18:59 : MASAMI URL : 編集
はじめまして
いつも拝見しているのですが、初コメントさせていただきます

どちらも好きですが、自分なら直感で1枚目です
見た瞬間にひきつけられます
目が印象的
みつめられて…
とてもいいです
2011-09-09 20:01 : まーくん URL : 編集
(1)を選びます。

理由は、より夏の空気を感じるからです。
2011-09-09 20:03 : なべちゃん URL : 編集
(1)です
はじめまして
あまりにも魅力がある作品なので、投稿させていただきます。

私なら、間違いなく(1)です。
リン子さんの眼力が凄いですし
ポーズもアングルも完璧
非の打ち所がありません

どちらか1枚だけのチョイスであれば、オーラを強く感じる(1)を選びます。
2011-09-10 22:29 : SK URL : 編集
(1)です

はじめまして。
魚返先生の作品好きです。
いつも拝見させていただいています。

(1)は久しぶりに私に突き刺さってきたとても魅力的な作品ですね。
(2)のほうが魚返先生っぽいんですが・・・
2011-09-11 11:09 : イトさん URL : 編集
両方とも好きですが今回は(2)です。
過ぎ去った子供の頃、
夏の終わり、一度だけ親戚のお姉さんたちと海へ行ったことを思い出させる。
優しくて、艶っぽくて、僕はなぜだか恥ずかしいというか、落ち着かなかった。
入り江の近くの、ほのかな潮騒と潮の香りを感じます。
それは、2011年でなく「昭和」の夏の終わりから運ばれてくる。
2011-09-25 10:26 : T URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ogaeri

Author:ogaeri
1992年より一般の女性をモデルに作品を撮り始める。2008年「鉄道と彼女」を発表した。
このブログのすべての写真や文章などコンテンツの無断コピー、無断転用を禁じます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター